神のあわれみと慈しみのしるしとして世に派遣される

シスターからちょっと一言- compartimos

2019-06-12
萩光塩同窓会

   第35回 萩光塩学院関東支部・光友会の同窓会が東京本部修道院で開かれました。 60名以上の参加者で会議室はまさに、せんぎんごうごう(萩弁で押し合いへし合い)。   ちがう学年、おじさんおばさんであっても、なつかしい友のような光塩ファミリー・・・ 準備された「萩今昔」のパワーポイントに、ため息が漏れる場面もありました。 最...

2019-06-05
イージスアショア

陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージスアショア」の配備計画が、秋田と私が住んでいる山口県萩・阿武町(むつみ演習場)にじわじわと押し寄せて来ています。 適地調査が昨年10月から行われてきましたが、その結果、防衛省は先日、「適地として何の問題もなかった」ことを明らかにしました。 イージスアショアを配備するための「適地」の条件は、何なのでしょう。わかりま...

2019-05-30
聖母月を振り返って

5月6日は創立者 聖ペトロ ノラスコのお祝い日でした。1218年に創立され、昨年は800年をお祝いしましたので、今年は801年目。 世界中のメルセスファミリーと心を合わせ、祈りを響かせました。 5月23日は、1930年にべリス・メルセス宣教修道女会が教皇庁から承認された記念すべき日でした。観想会から生まれ変わった日。MMBの89歳のお誕生日を祝い...

2019-05-26
5月25日 第四の集い

「聖書深読の準備が整いました。静けさのなかで、ゲストを待ちます」  「本日のメニューは、レンズ豆の煮物と、春雨サラダ。レンズ豆の煮物は、ペルーりょうり。カボチャが味を引き立てます。」  「ルカ22章24節から30節。一番偉いものとは?偉くなりたいものは仕えるものになりなさい、というみことば。難しく、悩みながらも、同時にイエスのおっしゃる支...

2019-02-26
お雛さま

        三月三日、桃の節句、お雛さまの日が近づきました。修道院の廊下に木彫りのお雛さまを飾りました。                  いくつになってもお雛さまを見ていると童心にかえります。                  そしてお雛さまを見る度に、女の子の幸せを祈っています。   ...

2018-09-14
メルセスの聖母の祭日

9月24日は、メルセス会修道院にとっての最も喜びとする日です。 八〇〇年前、メルセスの聖母によってうながされた聖ペトロ・ノラスコによって、創立させました。 16世紀には購いの精神を受けてベリスの女子メルセス会が誕生、その後19世紀には宣教の波に乗り、ベリ 1930年5月23日、教皇庁の許可を得て、公式に宣教会として歩み始めました。初代総長福者マルガ...

2018-03-11
新幹線の中で

丸いふっくらした両の手で 哺乳瓶しめて 無心にミルクを飲んでいる赤ちゃん もう カラ になっているのに しってか 知らずにか えくぼをつけて ちょっとやすんでは 思い出したように吸っている あの無心な心を 私は何処に置き忘れたのだろう       ...

2018-01-20
創立800年

2018年1月17日は、聖ペトロ・ノラスコによるメルセス会創立800年の記念日です。この日に当たり、教皇フランシスコから、メルセス会総長Fray Cuan Carlos SAVEDRA LUCHO 神父様宛に手紙があり、そこに根を持つわたしたちにも披露されました。その中で、教皇様は、先ず聖ペトロ・ノラスコにハイライトをあて、彼が神から授かったカリスマの中...

2017-12-21
枇杷の花

時雨の度に枯れ葉が散り年の暮れに向かい慌ただしさを感じる頃この季節を待ちわびたかのように枇杷の花が咲きます 冬の陽射しの中にひそやかに咲く白い花円錐状に五弁の花片集まって船形の葉に守られかすかに香り厳しさとぬくもりと自然の中で健気に 咲き続けます やがて冬を過ぎ春を通って梅雨に入る頃まろやかな花の実りは華やかな黄橙色に変身します春に咲いても間に合うの...