神のあわれみと慈しみのしるしとして世に派遣される

島薗進さんの講演会のお知らせ

                                       島薗進さんの講演会のお知らせ

 (上智大学神学部の特任教授/上智大学グリーフケアー研究所 所長)

                              「天皇の代替わり儀式・元号・天皇制の問題」について

            日時 9月29日(日) 午後2時~4時

            場所 メルセス会修道院本部 会議室  参加費無料

                           166-0004 東京都杉並区高円寺南5-11-35 (03-3311-6146)
                                               
地下鉄丸の内線 東高円寺駅 下車 北へ5分 (光塩幼稚園正門隣)

  島薗進さんは、日本の歴史の中での天皇制の問題についての研究を深め、大学での授業・執筆・講演活動に長年携わってこられました。

 昨今の天皇の代替わり儀式や元号・天皇制の問題について、マスコミや政府の報道の洪水に流されることなく、ことの深層に目を開き、学び、真摯な生き方で応えて行きたいとの思いから、島薗さんをお招きしました。

ご多忙のなかでも、パワーポイントによる映像、ご著書(当日販売用)なども用意され、私たちに解りやすく説明してくださる準備をしておられます。

 関連著書
     
『神聖天皇のゆくえ:近代日本社会の基軸』『国家神道と日本人』
     
『国家神道と日本人』
     
『近代天皇論―「神聖」か「象徴」か』 (片山杜秀さんとの共著)
     
『共に悲嘆を生きる グリーフケアーの歴史と文化』

  主催: メルセス会修道院 JPIC委員会 
                          
問い合わせ先: 清水靖子 電話 080-1218-2202 当日 03-3311-6146

▶ 一覧に戻る