神のあわれみと慈しみのしるしとして世に派遣される

平和のひろば

10月19日、「イージス・アショア」配備計画の撤回を求める住民の会主催で「第2回平和のひろば」が、6月に完成したばかりの萩市総合福センターで行われました。およそ100人ほどの方が参加してくださり、暖かい雰囲気の中で終える事ができました。

1部は「平和を願うリレートーク」。戦争体験、大陸からの引き上げや広島での被爆の体験が語られ、「平和は、何もしないで黙っていても平和は来ない。平和な世界を築くために、平和を求める声を上げよう。諦めずに、小さなささやきの声でも、声をあげ続けよう。」との呼びかけもありました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2部は「音楽で伝える平和への思い」で、援助修道会のシスターのやさしい歌声が響きました。又、県退職教職員協議会元会長の方の自作のイージス・アショアをテーマにした「わが町守る」も披露されました。
行進曲のような勇ましい曲風で、最後はシュプレコールで終わりまた。

シュプレコール

21日の山口・朝日・毎日新聞等の山口版には、ハワイ・カウアイ島で開催された交流行事に出席する機会に併せ、イージス・アショア試験施設の視察を行った山口県の村岡知事のコメントが次のように出ていました。
「視察する前に比べ、安全性が高いと受け止めることができた」と。ハワイ

10月上旬から、レーダーの照射の実験が、萩市のむつみ演習場の上空で実施されているそうです。

年内には又、防衛省から「丁寧な説明」があるでしょう。

 11月19日には、立憲フォーラム/戦争をさせない1000人委員会主催で、国会院内集会が計画されています。

萩の「撤回を求める住民の会」にも参加要請があり、住民の会代表の方々が上京なさいます。
秋田で住民運動を展開していらっしゃる方々と交流できること、東京で、現地報告ができることは大きな喜びです。

 11月19日(火)の予定
             
16:00開会 17:50終了予定

  • 参議院議員会館・講堂 15:30頃から参議院議員会館ロビーで通行証を配布します
  • お話(予定) 前田哲男さん(ジャーナリスト・軍事評論家)、纐纈 厚さん(山口大学前副学長・現明治大学特任教授)

配備予定地からの報告

           秋田から:櫻田憂子さん(「STOPイージス!秋田フォーラム」代表)

            山口から:森上雅昭さん(「イージス・アショア」配備計画の撤回を求める住民の会)

                                                           問合せ連絡先:平和フォーラム(03-5289-8222)

 

 

 

 

 

▶ 一覧に戻る