神のあわれみと慈しみのしるしとして世に派遣される

6月22日 第四の集い

6月22日(土)はルカ17章11節から19節のみ言葉を分かち合いました。
参加者は、司会のシスター一人を含む13名。

その後、総勢18名で食卓を囲み、せまい食堂にぎっしりです。おいしいごちそうと一緒に私たちのウェルカムメッセージも召し上がっています。 聖書の箇所がハンセン氏病のところだったので、タイムリーな日本の現状や過去の歴史について熱心に分かち合いました。
個人の信仰の深めと同時にそうした分かち合いは福音的だと思いました。

第4の集いの特徴を一言でいえば、「やすらいで、楽しんで、満たされて」ということです。
                 第一部のみ言葉の分かち合いでは、静かに神とひびき合う時。
                 第二部はみことばの分かち合い後にいただくシスターの手料理で、さらに豊かにされます。

神との出会い。仲間との出会い、初めての人との出会いを楽しみ、四時半から八時半までたっぷりとした時間の中で身も心も満たされて散会です.
                                                                                                                                                            (第四の集い担当者より)dav

 

▶ 一覧に戻る