神のあわれみと慈しみのしるしとして世に派遣される

お知らせ- information

2017-01-11
2017年 「神への郷愁に導かれ」た新たな歩み

2017年1月8日は主の公現の祭日、1月9日は主の洗礼を記念し、降誕節が終り、典礼歴は年間の週日に入りました。イエスを拝みに東方よりベトレヘムを訪れた3人の占星術の博士たちのように、「神への郷愁に導かれ、信仰のうちに歩む」(主の公現の祭日の教皇フランシスコのメッセージ)新たな旅を続けましょう。 ...

2016-06-27
チャリティーカルチュラルショー

6月26日 熊本地震被災地支援の為のフイリッピンの方々によるチャリティーカルチュラルショーが,「萩サンライフ多目的ホール」で行われました。 お天気も、梅雨の合間の晴天に恵まれ、幾人かは、広島や山口県内各地から駆けつけてくださり150人位の方々が来場してくださいました。 出演者は、徳山の方が中心になって構成されているダンスのグループが主でしたが、萩カト...

2016-06-25
16年6月24日 JPIC通信

いよいよ参院選が開始。戦争へ向かわせない、改憲させないネットワークの取り組みの先週の一端です。 ① 6月15日 戦争法の廃止を求める宗教者祈念集会。150回目の記念集会。参議院議員会館の集会    室で。  そもそも、この取り組みの出発点は、自衛隊派兵反対として宗教者の取り組みを開始したこと  によるのですが、早くも13年。当初の呼びかけ人が清水で、武...

2016-06-12
JPIC通信6月12日

2016年、日本の民衆が、独裁政権に「ノー!!」というレッド・カードを突きつけることができるのか。大きな山場を迎えています。  JPICチームはこの緊急時に、いくつもの集会とデモに参加しました。                    「戦わないために、闘う」・・・その5月下旬~6月編です。 ①5月29日 上野での「日本と原発」上映と、監督の河合弁護...

2016-05-28
JPIC通信 5月27日「戦わないために、闘う」

                                                                                                                                                                                  ...

2016-04-17
JPIC通信 2016.4.17

皆さま 緊急のお願いです。 熊本での地震の原因となっている中央活断層の構造線は、九州を縦断しており、 さらには四国と日本列島を横断する地震帯に繋がっています。 まずは九州の川内原発、玄海原発、四国の伊方原発を、至急に止める要請をしてください。 川内原発は今回の地震の中央活断層上にあり、震源地から150kmしか離れていません。また、玄海原発・伊方...

2016-03-22
2016年3・11のJPIC通信 続編

↓2011年4月7日 双葉町 森住卓(もりずみ たかし)撮影                                                                     ↓撤去された双葉町の看板の前で 背後に「原子力 破滅未来のエネルギー」本田雅和撮影 ↑大沼勇次       ↑森住卓 カメラマン 皆さまへ 「原子力 未来...

2016-03-14
3・11の5年目のJPIC通信

原子炉でロボットさえ「息絶えた」! [写真福島原発10日 ロイター通信]  「福島第1原発の原子炉で、溶融した高放射能核燃料を発見するべく送り込まれたロボットは『息絶えて』しまった」3・11を前に海外記者は象徴的にそう記します。 私たちのあらゆるものを、未来までも飲みつくし、「息絶えさせる」原発のおぞましい姿。原発という人間の生み出した最悪のものを...

2016-01-23
JPIC通信 2016年1月24日

「2016年、安倍政権による軍国主義への道を阻止できるかどうか」 未来に向けて「何もしなかった悔いをのこさないように・・と新たに決意する年」が幕を開けました。 ウソ・偽り・欺瞞・軍国主義に彩られた安倍政権の暴走は、今まさに、参議院選での勝利と、 憲法改悪に向けてしたたかに進められています。 もはや、報道番組は、すべて入...

2015-12-12
日本からのJPIC通信  2015年12月8日 

「霊の促しに答えて、”囚われからの解放の解放のカリスマ”を、今日の日本社会の囚われからの解放として生き、日々応え、”解放の神の見えるしるし”となる。」を、私たちは地区総会でのJPIC活動の目標におきました。 現在日本に住む私たちは、安倍独裁政権の元で、あらゆる危機と囚われの状態に直面しています。原発と戦争への愚かな道、マスメディアへの政権の介入、辺野古...