神のあわれみと慈しみのしるしとして世に派遣される

JPIC- jpic

2016-01-23
JPIC通信 2016年1月24日

「2016年、安倍政権による軍国主義への道を阻止できるかどうか」 未来に向けて「何もしなかった悔いをのこさないように・・と新たに決意する年」が幕を開けました。 ウソ・偽り・欺瞞・軍国主義に彩られた安倍政権の暴走は、今まさに、参議院選での勝利と、 憲法改悪に向けてしたたかに進められています。 もはや、報道番組は、すべて入...

2015-12-12
日本からのJPIC通信  2015年12月8日 

「霊の促しに答えて、”囚われからの解放の解放のカリスマ”を、今日の日本社会の囚われからの解放として生き、日々応え、”解放の神の見えるしるし”となる。」を、私たちは地区総会でのJPIC活動の目標におきました。 現在日本に住む私たちは、安倍独裁政権の元で、あらゆる危機と囚われの状態に直面しています。原発と戦争への愚かな道、マスメディアへの政権の介入、辺野古...

2015-09-17
JPIC通信20150916  史上空前 

                                                            (一歩も歩けないほどの熱気の渦 20150914 撮影 清水靖子) 何度も参加したデモで、特に先週と今週の大詰めの場のデモで、民衆の掲げる光の渦のなかに、一歩も進めないほど埋もれ、揉まれている自分を見て、その不...

2015-09-03
JPIC通信 国会包囲

安保法制を廃案に追い込むため、今、日本列島は燃えていると、私は感じています。 29日に萩ではデモがあり(HP 「ひとこと」に掲載)、30日、私の心は萩から国会議事堂に飛んでいました。 私たちの姉妹が30日当日、国会議事堂前で体験したことを届けてくれましたので、掲載します。『8月30日国会包囲 ものすごい人のうねりでした。 小雨の中12万人。私は国会...

2015-07-19
JPIC通信「アベ政治を許さない」

「国民はすぐに忘れる」ような私たちではありません。私たちは、廃案になるまでつづけます。戦争法案反対を。「アベ政治を許さない」のプラカードを街角に貼り、萩の道端に立ったメルセスの姉妹たち。 多くのコムニダで、FAXで声を送ったメルセスの姉妹たち。広島・東京で、デモの現場に立ち続けた姉妹たち。お祈りで支えあった姉妹たち。 これまでがんばったよね。お疲...

2015-07-13
JPIC通信 雨にもマケズ、安倍にもマケズ

<写真はネット上からの引用> 7月9日(木曜日)の夜も、議員会館まえで訴えました。 私は高幡教会の仲間と相合傘で立ち続けました。 いつもの姉妹や友人たちも、宗教者たちもいっしょで、 まるで満員電のなかで傘を指しあっているような状態でした。 狭い道路になんと1500人。 報道関係者も、レンズを覆いながらの撮影で大変でした。  そうしたなか、最...

2015-05-05
JPIC通信 二度と来ない一日の憲法記念集会

民意を無視する者への怒りが天にとどけと、3万人の集会となりました! 神奈川駅から少し歩いた公園での集合。カトリック正義と平和協議会の旗を見つけてほっと一息する。10時出発。東京教区・横浜教区の仲間も一緒。お隣はお馴染みの仲間の仏教尼僧。彼女と私はちょっと足を引きずりつつ歩く。 「憲法を守ろう」「集団自衛権反対」「原発再稼働止めよう」「辺野古を守ろう」...

2015-04-18
 JPIC通信    樋口英明裁判長に激励のFAXを送りましょう。

  4月14日、高浜原発の運転をただちに差し止める司法判断を出した樋口裁判長、その仮処分決定内容は、地震による原発の脆弱性・原発の危険性など、原子力規制委員会による甘い基準を述べ、政府の原子力行政を根本から批判するものでした。 仮処分決定はすぐに法的な拘束力を持つため、今後の司法手続きで覆らない限り、再稼働はできなません。「司法が再稼働を止...

2015-04-07
JPIC通信 復活へのメッセージ 「マリアよ、私たちに告げよ、道であなたが見たことを」

① 4月からの春の番組改編で、民放各社の報道・情報番組のコメンテーターから、安倍政権に批判的な論客が一掃された。マスコミのトップが安倍首相と会食するような今の日本で、反安倍、反原発、反基地報道には、官邸とフィクサー群、追従する無数のツイター群が、有形無形のクレームで襲いかかる。 ② すでに作家のなかにし礼氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、東電と...

2015-03-16
JPIC通信 3・11の4周年目に、廃炉への呼びかけ

今日は3・11の4周年です。 先日訪日したドイツ・メルケル首相は、ドイツが早期の脱原発を決断したのは、福島原発の事故であり、 原発に代わる再生可能エネルギーの普及を進めていると述べ、『日本も同じ道を歩むべきだ』と強調されました。 またドイツは過去の反省と謝罪を徹底しているメッセージを残されました。 それに対して、私たち日本は”原発と戦...